2010年06月04日

<アユ>多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)

 川崎市多摩区のそば店「蕎麦酒房 笙(しょう)」が提供する多摩川の天然アユのてんぷら料理が、話題を呼んでいる。多摩川のアユは高度成長期の水質悪化で姿を消していたが、近年は遡上(そじょう)が増加。冷凍ものも含めれば、年間を通じて提供できるようになったという。地元住民らは「食文化の復活」と喜んでいる。

【関連記事】多摩川:アユの遡上ピーク

 調布市郷土博物館(東京都)などによると、多摩川のアユは江戸時代、幕府に献上されるほど姿や味が良く、庶民にも親しまれた。昭和30年代までは、現在の京王多摩川駅(調布市)周辺にアユを出す料理屋や旅館が軒を連ね、客が屋形船で漁の見物を楽しんだ。

 1970年代には、家庭排水の垂れ流しなどで遡上は見られなくなったが、多摩川水系に10カ所の下水処理場が整備された結果、水質が改善。近年は平均で年約100万匹が遡上しているという。

 中流でアユ漁を続ける川崎河川漁協によると、年間を通じて天然アユが食べられるのは「笙」だけ。昨年3月からメニューに加えたところ、「本当に多摩川でアユがとれるのか」「多摩川のアユ料理は懐かしい」と話題になり、年1200食が出る人気となった。

 料金は約18センチのアユに野菜を添えたてんぷらが480円。経営者の阿佐美笙子さん(66)は「川の復活で天然アユが食べられるようになってうれしい」と話している。【竹内良和】

【関連ニュース】
【写真特集】水に生きる仲間たちがたくさん 毎日水族館
【写真特集】稚アユや卵の珍しい写真も
【特集】郷土料理のページ 川魚もいろいろ
アユ漁:解禁に太公望次々…大分・日田の玖珠川
アユ漁:解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川

タクシー火災 後部座席に男性遺体 身元確認急ぐ 神奈川(毎日新聞)
「鳩山政権支える」=小沢氏に伝達―亀井国民新代表(時事通信)
【なんて素晴らしき人生!】編集委員・石野伸子 南の島から届いた歌集(産経新聞)
ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
笑いはストレス軽減 吉本興業や江崎グリコなどが実証(産経新聞)
posted by ナカモリ シュウイチ at 02:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

<ルフトハンザ>世界最大の旅客機A380導入 W杯独代表特別機に 来月日本へ(毎日新聞)

 世界最大の旅客機エアバスA380が19日、エアバス社からルフトハンザ ドイツ航空に納入された。6月6日にサッカーW杯独代表をフランクフルトから南アフリカへ運んだ後、定期便の第1便として11日に成田へ向けて出発する。

【写真特集】世界最大の旅客機A380

 A380は、総2階建ての世界最大の旅客機。全長73メートル、全幅79.8メートル、高さ24.1メートルで、最大800人の乗客を運ぶことができる。日本には、シンガポール航空が2008年5月からシンガポール−成田線で就役している。

 日本と欧州を結ぶ路線でのA380の就役は初めて。当初は成田−フランクフルト線で週3回運航し、2号機が納入される8月からは毎日運航される予定となっている。座席構成は2階がファーストクラス8席とビジネスクラス98席、1階がエコノミークラス420席の計526席で、クラス別に搭乗することができるようになっている。【米田堅持】

【関連ニュース】
【写真特集】世界最大の旅客機A380が成田に就航、悪天候で4時間遅れ
【写真特集】羽田でみられる飛行機図鑑
【写真特集】昨年引退したクラシックジャンボの中を写真で
【写真特集】全日空:「モヒカンジェット」20年ぶりに復活

責任追及より防疫先決=ワクチン使用「検討中」―首相(時事通信)
口蹄疫 問題の本質を見誤った鳩山政権(産経新聞)
86歳・母、62歳・娘を殺害?…大阪(読売新聞)
青木氏後継に長男の一彦氏=参院島根で自民県連(時事通信)
<普天間移設>平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問(毎日新聞)
posted by ナカモリ シュウイチ at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

橋下知事「基地移設で優先順位高いのは関西」(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場の機能や訓練の分散移転に向け、鳩山首相が全国知事会に協力を求める意向を示したことを巡り、大阪府の橋下徹知事は13日、「受け入れの優先順位が高いのは、米軍基地のない地域。一番高いのは関西だ。政府から要請があれば、関西で回答を出さないといけない」と述べ、関西での受け入れを検討すべきだとの考えを示した。

 6月の近畿ブロック知事会議でも問題提起するという。

 橋下知事はこれまでも、沖縄の負担を全国で分かち合うべきだとして、負担軽減策を全国知事会の場で協議するよう主張。

 地元・関西空港への一部機能の移転に関しても、「国から提案があれば、議論は拒否しない」などと発言していた。

 この日、府庁で報道各社の取材に応じた橋下知事は「おねだり集団だった知事会が、国と対等な関係になれるかの試金石。(沖縄以外の地域で受け入れるという)回答を出さなきゃ、知事会は解散だ」と話した。

<日本航空>操縦士が証明書忘れ、1便欠航(毎日新聞)
訪問介護の院内介助、必要に応じて算定可能―厚労省(医療介護CBニュース)
6カ国協議の早期再開は困難 岡田外相が指摘(産経新聞)
夕刊を休刊へ=岩手日報社(時事通信)
<NPT会合>81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)
posted by ナカモリ シュウイチ at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。