2010年06月10日

小沢氏辞任で「一定のけじめ」=政倫審、他党の意向も考慮―菅首相(時事通信)

 菅直人首相は8日夕の記者会見で、小沢一郎民主党前幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、「党の中で最も重要な役職である幹事長を辞任することは一定のけじめではあると思っている」と述べた。野党側は小沢氏が衆院政治倫理審査会に出席して弁明することを求めているが、首相の発言は慎重な姿勢を示したものとみられる。
 首相は同時に「国会や他の場面でどうしたことが必要になるのか、(枝野幸男民主党)幹事長を中心に、しっかりと他党の主張も聞きながら判断をしていきたい」と述べ、党内や野党側の意向を踏まえて判断する考えを示した。 

衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
アルバイトで働く理由、辞めた理由(Business Media 誠)
パナソニック、太陽電池事業に本格参入――国内シェア35%以上が目標(Business Media 誠)
徳之島は「日常的訓練」=普天間移設、本土より高頻度想定―官房長官(時事通信)
年109万円もらう橋下知事「子ども手当、7人の食費に」(産経新聞)
posted by ナカモリ シュウイチ at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。