2010年02月20日

「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に(産経新聞)

 兵庫県芦屋市は12日、「三井不動産レジデンシャル」(東京)から出されていた市内中心部の住宅街に5階建てマンションを建設する計画について、「芦屋の景観にふさわしくない」として、景観法に基づき不認定としたことを明らかにした。

 高級住宅街で知られる芦屋市は、住環境保全のため、昨年年7月から市内全域を同法が適用される「景観地区」に指定している。国土交通省によると、全国28カ所の景観地区のうち、不認定物件が出たのは全国で初めてという。

 同市では、マンションや一戸建て住宅の壁や屋根は落ち着いた配色にすると規定されているほか、建物を建設する際には有識者でつくる「認定審査会」で審査を行い、建設の可否を決定するなど、高いハードルが設けられている。

 同社は昨年10月、同市大原町でのマンション(5階建て、23戸)建設計画書を市に提出。建築基準法や都市計画法などの法的要件は満たしていたという。

 しかし、市によるとマンションそのものの幅が約40メートル、高さが約15メートルあったため、認定審査会が今月5日、「(一戸建てが多く、閑静な住宅街が広がる)周囲の景観から逸脱しており、調和した建設スケールではない」と判断し、建設計画を不認定とすべきとの答申を出した。

 今後、計画を刷新した上での再申請は可能といい、同社は「今回の通知内容の確認を含め、計画に関し、今後も芦屋市と協議していきたい」としている。

【関連記事】
「まことちゃんハウス」増殖…今度はグッズ販売
景観保護が不可欠な時代 客観的判断など課題も浮き彫り
再生の街 芦屋市・若宮地区 こだわり続けた山並みの景色
阪神大震災“消防士の使命”撮影537枚、後世へ 美術館で展示
近畿も路線価下落 「プレーヤーが手を引いた」ミニバブル崩壊

反捕鯨団体が再び妨害=水産庁(時事通信)
<追い出し屋>国交省が規制法案、家賃保証業者に登録義務(毎日新聞)
小沢氏の不起訴不当申し立て=検察審査会に−陸山会事件(時事通信)
【中医協】診療所の地域医療貢献を評価へ(医療介護CBニュース)
水木しげるロードに「妖怪ベンチ」(産経新聞)
posted by ナカモリ シュウイチ at 04:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

<自民党>舛添、菅、塩崎氏ら勉強会発足 政界再編含み?(毎日新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相、菅義偉元総務相、塩崎恭久元官房長官らは17日、小泉構造改革支持派議員を中心とした勉強会「経済戦略研究会」を発足させ、党本部で初会合を開いた。

 中川秀直元幹事長、河野太郎国際局長ら約30人が出席。現執行部と距離を置く議員が多いうえ、党の「新生」を訴える舛添氏が会長に就任したため、政界再編含みとの見方も出ている。舛添氏が「野党から政界再編するのは極めて難しい」と政治的な思惑を打ち消す場面もあった。【木下訓明】

【関連ニュース】
舛添要一氏:「首相」宣言 新党結成は否定
語録:再編ゲーム求めてない−−大島・自民幹事長
政界:自民・塩崎、舛添氏ら勉強会
選挙:衆院選 「再編の軸」空振り−−みんなの党、平沼グループ
特集ワイド:愚問ですが 自民党、やっぱりダメですか 舛添要一前厚労相に聞く

ツシマヤマネコに楽園を、保護団体が山林購入(読売新聞)
<バス接触>運転手、意識失う 乗客2人が操作(毎日新聞)
<鳩山首相>子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話(毎日新聞)
1日当たりの入院・外来患者数とも増加―病院報告・09年10月概数(医療介護CBニュース)
<水門談合>8社に損害金6億3000万円を請求 農水省(毎日新聞)
posted by ナカモリ シュウイチ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)

posted by ナカモリ シュウイチ at 04:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。